神待ちとは?

 あなたは「神待ち」という言葉を見たり、聞いたりしたことがあるでしょうか?神待ちはインターネット上で良く使用されている言葉なのですが、普通にネットサーフィンをやっているだけでは聞き慣れない言葉だと思います。神待ちという言葉はインターネット上で、しかも男女が出会いを探す時に用いられる言葉となっています。これを聞いて、「あー、神様の様に綺麗な女性を探すんだ」と思われた方もいると思いますが、それは間違いです。神待ちというインターネット上の男女の出会いで、神という存在は男性で神を探す存在が女性となっております。では、もう少し神待ちという出会いについて詳しく見ていきましょう。

主に家出少女が行う行為

 インターネット上で神待ちという言葉使われた場合は、主に家出少女が神の様な男性を探す行為というのが一般的な解釈となっています。では、神待ちはなぜ家出少女が主に行っている行為になっているのでしょうか?それは家出少女が求めている事が「寝泊まりする場所」と「食事」だからです。つまり、神待ちは寝泊まりする場所と食事を提供してくれる神の様な存在である男性を、寝泊まりする場所や食事を求めている家出少女が探す行為という事になります。また、神の様な存在である男性を「泊め男」と呼んでいる場合もあります。

家出少女だけではありません!

 神待ちの出会いを探しているのは、何も家出少女に限った事ではありません。神待ちをしている女性の中には、大学生や専門学生、OLや主婦も存在しています。一見すると、寝泊まりする場所や食事に困っていそうなイメージはありませんが、実際は違っています。神待ちには神待ちをせざるを得ない状況である場合と、するつもりは無くても結果的に神待ちをする事になった場合の2パターンが存在しています。

神待ちの目的は?

 神待ちの目的は先程も説明させていただいた通り、その日の寝泊まりする場所の確保となっています。しかし、神待ちをする男性の目的は少し違っています。寝泊まりする場所を提供した男性はその見返りとして、神待ち女性と肉体関係を持つ事を考えている人がほとんどとなっています。神待ち女性はその日の寝泊まりする場所にさえ困っている訳ですから、当然お金は持っていません。お金を持っているのであれば、ビジネスホテルに寝泊まりするという選択肢もあるはずです。その様な理由から、神待ち女性の中には寝泊まりする場所を提供してもらったお礼として、セックスをする事を考えている場合もあります。しかし、神待ち女性の全員がその様に考えている訳ではありませんので、神待ちをしている男女の認識の違いから、事件や事故に発展するケースも少なくありません。事件や事故に巻き込まれる事が無いように十分に注意して下さい。

神待ちの理由は?

 先程、神待ち行為には事件や事故に発展するリスクがある事を説明させていただきました。では、その様なリスクを冒してまで神待ち行為をする理由は一体何なのでしょうか?神待ちをする理由は家庭内に問題がある、不満がある場合がほとんどとなっています。中高生であれば、反抗期なども重なり、ついつい両親と喧嘩をしてしまう事も多いでしょう。喧嘩した勢いで「出て行けッ!」と言われて、意地になってしまい、そのまま家を飛び出してしまう事もあるかもしれません。勢いで飛び出して来た為に手元にホテル代や食事代を持っている事の方が少ないと思います。頼れる友人などがいない場合であれば、寝泊まりをする場所を探して神待ち行為をする事になってしまいます。