セフレにしやすい神待ち女子

 最初は神待ちとして出会ったとしても、タイプの女性に会ってしまうと長期的に付き合いたいと考える場合もあると思います。いわゆるセフレ関係です。女性の中にはセフレにしやすいタイプもいれば、そうでないタイプもいます。ここではセフレにしやすい神待ち女子について説明させていただきます。神待ち女性とセフレ関係になるにはセックスをする事が好きという事も必要になってきます。これから、厳選したセフレにしやすい5つのタイプの女性を説明させていただきます。

処女

 まずは処女についてです。処女である女性がセックスが好きであるかどうかは、女性自身も分かっていません。無料動画やDVDなどで他人がセックスをしている場面を見る事はあっても、実際に自分でセックスするのとは全く違います。初めての相手であるあなたのセックスによって、セックスに対する考え方が決まってきます。あなたとセックスをするのが好きになってしまえば、セフレ関係になるのも難しくありません。相手は処女なので、他の男性とのセックスを知りませんので、性器の大きさやセックスの仕方などを比較される事はありませんし、あなた好みに調教してくという事も出来ます。痛い・汚いなどの特殊なプレイや強引な事をしなければ、あなたに傾いてくる可能性は十分にあります。神待ちをしている処女を見つけた場合は積極的に声を掛けていきましょう。

痴女

 次は痴女についてです。痴女の頭の中は常にエッチな事でいっぱいです。街を歩いている時や仕事をしている時でも所構わずといった感じです。街を歩いている時に気になる男性やタイプの男性を見つけたら自分から声を掛ける事も珍しくありません。働いている時でもエッチな事を考えて我慢できなくなり、トイレで一人エッチをする事もある位です。基本的にエッチでセックスをする事が好きなので、セフレにはしやすいタイプの女性であると考えられます。さらに痴女はどちらかといえばS女が多くなっています。あなたがM男であれば、痴女との相性はピッタリでセフレになれる確率はさらに高まるでしょう。

メンヘラ

 次はメンヘラについてです。メンヘラとはメンタルヘルスの略語となっており、精神的に少し不安を抱えている方の事を指しています。メンヘラの特徴としては、常に誰かに構ってもらいたい・常に誰かに見ていてもらいたなどが挙げられます。普段の生活において何ら問題はありませんが、一度スイッチが入ると、感情のコントロールが出来なくなるという特徴も持っています。メンヘラはセフレにするにはもってこいの女性という一面も持っていますが、セフレにしてしまうと少し厄介な存在という一面も持ち合わせています。一言で言えば“かまってちゃん”なので、メンヘラ女性の要望に応えられないと大変な事になってしまいます。メンヘラの特徴についていけないと別れを切り出しても簡単に別れる事は出来ません。時間を考えずに電話が掛かってきたり、メールが届いたりします。ひどいメンヘラになると、自宅の前で待ち伏せをしている事もあります。この辺りの事をクリアできるのであれば、メンヘラ女性はセフレにするのはもってこいの存在だと思います。

ネットカフェ難民

 次はネットカフェ難民についてです。テレビでも取り上げられることがある言葉です。様々な理由により、ネットカフェで長期間寝泊まりしている人の事を指しています。ネットカフェは神待ちをしている人が多い場所としても有名です。また、ネットカフェ料金を払う為に単発のアルバイトを繰り返している方もいる位なので、神待ちをして宿泊代を浮かせたいと考えるのも普通だと思います。ネットカフェにいる神待ち女性を見つけたら、積極的に声を掛けて自宅に招き入れる様にしましょう。頻繁に自宅に来る回数が増えていけば、いつの間にか毎日一緒にいるなんて事もあり得るのではないでしょうか?ネットカフェであれば容姿も確認する事が出来ますので、ネットカフェ難民はセフレにするにはもってこいの存在であるといえます。

セックスレスの人妻

 最後はセックスレスの人妻についてです。現状、セックスレスに悩んでいる夫婦は非常に多くなっています。いつもは1人で慰めているけど、何となく物足りない、チャンスがあればいつか火遊び程度の浮気をしてみたいと考えている人妻も少なくありません。火遊び程度というのがポイントで家庭を壊してまで相手にのめり込むというのは少ないと思います。人妻自らが関係を誰かに話すという事も無いと思いますので、長期間に渡って関係を続けやすい存在であると考えられます。但し、相手の旦那にバレてしまうと慰謝料の請求などのリスクがある事も把握しておきましょう。しかし、人妻をセフレにするのはメリットの方が多いと思いますので、神待ちをしている人妻を見つけたら積極的に声を掛けてみましょう。